医療法人つくし会 南国病院

病院紹介診療案内

医師紹介医療設備の情報臨床研修体制病院からのお知らせ

在宅医療支援センター

通所リハビリテーション

精神科デイケア

広報求人情報

アクセスリンク

臨床研修体制

 

医師卒後臨床研修の当院における指導体制

1.神経内科の体制

 

神経内科専門医育成のための研修(卒後3〜5年)概要

 

1. できる限り各領域の神経疾患を経験させる。
 
2. 生理検査、神経放射線等画像検査、生検など専門性の高い検査を数多く経験させ、独力で検査計画施行、評価ができる様になる。
 
3. 内科、脳神経外科、整形外科等他科(他院)との連携や紹介を密に行い、一般内科的知識を身につけるとともに、他科へも適切なアドバイスが可能となる様にする。
 
4. 神経難病等に関する社会福祉サービス、公的補助制度に精通し、他職種への助言、指導ができる様にする。
 
5. 内科医の指導のもと、呼吸管理をはじめ全身管理が適切に行える様にする。

 

 

生検・生理検査・画像検査についてのカリキュラム、読影判定と研修方法

 

1.

生検:

個々のケースについて指導。外来基礎知識は(生検手技)、当院の外科専門 医にスーパーバイズを受ける。組織化学染色は大学病院に検体を持ち込み、染色法、判定法を指導する。

 
2. 生理検査: 検査方法、検査結果の評価法を含め個別に指導を行う。
 
3.

画像検査:

 

基本的には読影判定のみ指導する。

精査を要する場合には、大学病院にてダブルチェックを受ける。

 

 

2.精神科の体制

 

臨床体制

 

1. 外来新患の診察には、できるだけ立ち会ってもらい、見学という形で、外来診療を学んでもらう。(特に、身体表現性障害やストレス関連障害は優先的に学んでもらう。)
 
2. 以下の必須症例は、入院した場合、優先的に研修医に主治医になってもらう。指導は、研修医の疑問が生じたときにその都度、手の空いた当院の医師(精神科医及び神経内科医)が行う。
 
  A: 認知症(血管性認知症を含む)、気分障害(うつ病、 躁鬱病)、統合失調症
 
  B: 身体表現性障害、ストレス関連障害 (AはBよりも優先される)
 
3.

すでに入院している患者も上記疾患の方を優先的に担当(主治医)になってもらうが、最大5名までとする。指導方法は、上記2と同様である。

 

 

教育的体制

 

1. 臨床で経験したAの症例群は、レポート(診断・検査・治療方針について)を1疾患につき1例ずつ提出してもらい、認知症は神経内科医、気分障害及び統合失調症は、精神科医が分担して評価・コメントする。
 
2. 経験目標(精神科七者懇談会、精神科卒後研修問題委員会作成)の内容を先生方で分担して、講義を行う。ただし、以下の各項目の( )内に記載した診療科の医師が分担して担当する。

 

 

  経験すべき診察法・検査・手技
  1.

基本的な診察法(精神科)

精神面の診察と記載ができることが目標

2.

基本的な臨床検査(神経内科)

X線CT検査、MRI検査、核医学検査(SPECT)、神経生理学的検査(脳波など)

 

 

  経験すべき症状・病態・疾患
  1.不眠(精神科) 7. 認知症(神経内科)
2.けいれん発作(神経内科)

8.

アルコール依存症
3.不安・抑うつ(精神科) 9. 気分障害(精神科)
4.意識障害(神経内科) 10. 統合失調症(精神科)
5.精神科領域の救急(精神科) 11. 不安障害(精神科)
6.症状精神病(精神科) 12. 身体表現性障害・ストレス関連障害(精神科)

 

3. 精神科デイケアの見学を行う。可能であれば、保健所などとの会合にも参加してもらう。

 

Copyright(C) Nankoku Hospital. All rights reserved.