医療法人つくし会 南国病院

病院紹介診療案内

医師紹介医療設備の情報臨床研修体制病院からのお知らせ

在宅医療支援センター

通所リハビリテーション

精神科デイケア

広報求人情報

アクセスリンク

在宅医療支援センター

 

 

4F

 センターホール

3F

 精神科デイケア

2F

 通所リハビリテーション

 精神科作業療法室

(入院患者対象)

 訪問看護ステーション おおそね

1F

 施設利用者食堂・作業施設

 

※ご質問等ございましたら気軽にお問い合わせて下さい。 南国病院(代表)TEL:088-864-3137

 

1F

 

施設利用者食堂と作業施設になっています。

施設利用者食堂は、施設の利用者や病院職員が昼食などをとる場所です。食事の提供は外部の業者に委託されており、ほぼ毎日、食事提供がおこなえるシステムとなっています。外部業者の調理員の方が調理にあたられているため、見た目もよく味も良いとの評判です。

作業施設では、農園担当責任者が、病棟入院患者さんやデイケアメンバーと一緒に吉川町の農園で収穫した野菜の管理や販売を行っています。野菜は病院給食用や、売店へ販売用として出荷されますが、野菜の栽培には、安全面に配慮しほとんど農薬をつかっておらず、販売時の価格は市価の半値ほどに設定しているので、患者さんやスタッフからも好評をえています。

 

 

2F

 

 

 

「精神科作業療法室」では、当院精神科病棟へ入院しておられる患者さんを対象に、対人関係の改善や、日常生活動作等への障害に対する治療を行う事で、安定した日常生活の維持や、社会復帰に向けての働きかけを行っています。

 

 

 

「訪問看護ステーションおおそね」

10年前に精神神経科の訪問看護としてスタートしました。その当時の事を思い出すと家には薬がいっぱい有る。受診して次々もらって来ても飲めていない。そして入退院を繰り返している生活状況がよくわかりました。

3年前に精神・神経科と神経内科を中心としたステーションを開設しました。利用者の方への関わりで基本に考えるのは精神科看護の信頼関係・共感的な思い、あたたかい思い遣りなどの上に在宅支援が出来るように思います。

お問合せ:088-864-0151

 

 

3F

 

 

 

精神科デイケアは在宅医療支援センターの3階にあり、開所して今年で12年目を迎えています。 現在、3Fのフロア全体を専用スペースとし、広くゆったりとした環境で活動を行っています。

デイケアの開所日は、週5日(水・日・祝祭日を除く)で、時間は朝9時30分から午後3時30分までですが、ショートケア(半日)の利用も可能となっています。 専従スタッフは看護師3名、作業療法士1名、精神保健福祉士1名で構成され、

プログラムにより、臨床心理士や農園担当者なども入っています。

精神科デイケアの利用・見学・体験は随時可能ですので、当院の医療相談室・外来受診時に、気楽にご相談ください。

お問合せ:088-863-8282

 

 

4F

 

 

 

センターホールは、医療に関する研修会、講習会だけでなく、文化的活動も含めて、広く地域に開放する予定です。

 

Copyright(C) Nankoku Hospital. All rights reserved.